ICT

九州地整 八代河川国道事務所
球磨川防災情報提供システム構築等業務イメージ

九州地整 八代河川国道事務所
球磨川防災情報提供システム構築等業務

球磨川水系において「流域住民が“ここ”を見れば球磨川水系の全ての防災情報を得ることができる」を目標に、レーダ雨量、地上雨量・水位観測データ、CCTV画像等を一元集約し、インターネットを用いて流域内の住民に対して防災情報を提供するシステムを構築した。システムの特徴としては、「国土交通省に加え熊本県のテレメータやCCTV画像データも取り込み、国・県管理区間の区分けのないコンテンツ」、「住民の暮らしに直結する危険情報等の判断や避難判断に役立つ分かりやすいコンテンツ」を提供できることである。