Design for

Next

Age

東京建設コンサルタント

ホーム > 企業概要 > 事業方針

事業方針

次代への構想 DESIGN FOR NEXT AGE

 東京建設コンサルタントは、1960年の創業以来、総合建設コンサルタントとしてさまざまな分野で実績を積み重ねてきました。そして、先端の技術者集団として、常に業界をリードしてきました。

 二十一世紀を迎え、ますます地球温暖化、人口問題、資源の涸渇が深刻化しています。人類が安全・安心で豊かな生活をするには、これらの問題を避けて通ることはできません。私たちは、このようなグローバルな視点で公共事業に取り組んでいます。

 わが国でも、さまざまな環境問題が顕在化するなか、地震・津波、豪雨、台風、火山噴火による災害に強い国土づくりが緊急的な課題となっています。

 当社は、これらの地球環境問題や防災に確実に対応するため、本社組織である地域環境事業本部、環境防災事業本部、環境モニタリング研究所を日々充実させています。また、春日部市に“かすかべ環境防災研究センター”を建設中です。

 近年、過去営々と整備されてきた大量の社会資本ストックの老朽化が顕在化し、社会問題化しています。当社は、既設構造物の長寿命化を図り、最適な維持管理計画を提案するため、ライフサイクル事業本部を拡充し、万全の体制としました。

 更に、公共事業を取り巻く環境がますます変化するなかで、事業化段階における住民参加と合意形成、発注者支援のためのCM、PM、民間資本導入支援のためのPFI/PPPなど、新たな事業執行マネジメントにも積極的に取り組んでおります。

 建設コンサルタントに求められる役割は確実に大きくなってきており、決してとどまることは許されません。

 東京建設コンサルタントは、先人たちが築き上げてきた歴史や風土を真摯に学び、そして知恵や技術を確実に受け継ぎ、常に時代の先端に立ち、培った高度な技術サービスを通じて、安全安心で豊かで潤いのある社会資本整備に貢献してゆきます。