Design for

Next

Age

東京建設コンサルタント

ホーム > 採用情報 > 会社案内

会社案内

安定した経営基盤と風通しのよい職場環境

民主的なリーダーシップと労使一体

 会社の運営は、“民主的なリーダーシップ”をモットーとしております。役員会は、役員のみならずトップ管理職をフェロー役員として積極的に参加させ、さまざまな問題についてオープンな議論が日常的に行われます。そして、決定された事項は確実に実行されることが共通の認識となっています。
 経営者・管理職・一般社員が自由闊達に意見交換するために『社内協議会』が年数回開催されます。この協議会を通じて一般社員からも忌憚のない意見やアイデアが出され、効果的なものは役員会で実践されます。また、入社5年から10年程度の若い一般社員が、“より魅力的で働きがいのある会社”にするための様々な提案を社長と経営トップに直接行う『経営青年会議』が設けられています。この会議を通じて、若い社員の提案が経営・運営に反映されるとともに、一般社員が経営者と触れ合い、会社を理解するための場ともなっています。労働組合との間では、労使協議を通じて賃金以外の会社運営全般についても活発な意見交換が行われます。
 これらのように、経営者と社員が互いの考えを理解し、労使一体となって“会社を共に創る”という意識が社内に浸透しています。

個性・能力の尊重と適正な評価制度

 社員の能力と業績を適正に評価し、それを反映できる賃金体系を業界の中でいち早く導入しました。この制度の導入にあたっては、経営者・管理職・組合からなる『賃金協議会』を設け、五年有余にわたって十分な議論を重ねました。世間一般の成果主義と異なり、終身雇用と年功を維持することにより、社員が安心して将来の生活設計を行えるように十分な配慮がなされています。社員の能力・業績の評価方法や会社が期待する社員像は、人事考課規程に具体的に定められ、全社員に示されています。人事考課は、“考課者自らが社員と会社にその責任と能力を評価される”という自覚のもとに行われ、結果の審査と調整が全社的に行われることで、能力と業績が適正に評価され反映できる賃金体系としています。
 さらに、主任技師制(グループ制)により、社員が個性や能力を発揮しやすいきめ細かな適材適所を可能にするとともに業務はあくまで組織で取り組む体制としています。個人と組織の評価を明確に位置づけている点が大きな特徴であり、社員個人の責任が必要以上に問われることを避けています。この制度により、社員の個性や能力がより尊重されるとともに、組織の活性化を促しています。

トップクラスの業績と利益の還元

 建設コンサルタント業界のなかにあっても、安定した経営基盤とトップクラスの業績を維持しています。業界不況時でも、将来を見据えた人材投資や設備投資を怠ったことはありません。長年の無借金経営、高い自己資本比率や利益率等、屈指の財務内容となっています。本社のトーケン大塚ビル、関西本社のトーケン大阪ビル、九州支社のトーケン福岡ビル、環境モニタリング研究所のトーケン大宮ビルは、当社が保有している自社ビルです。
 また、株式の上場は行わず、会社の株の大半を社員が保有しています。そして、利益は最優先に社員に還元されることが、重要な経営方針となっています。それゆえ、最高水準の賃金を長年にわたって維持しています。

品質マネジメントシステムと“頭のネットワーク”

 成果品の品質確保と顧客満足度を向上させるため、品質マニュアルであるISO9001を有効に活用し、品質マネジメントシステムを構築しています。品質マニュアルは、業務の流れと組織・体制に適合するよう細心の注意が払われており、他に例のない当社独自のものとなっています。また、品質マニュアルの運用を支援する情報共有ツールとして“頭のネットワーク”を全社的に構築しています。“頭のネットワーク”は、社員個々の持つ知的ノウハウや技術ノウハウなど様々な情報を全社で共有し、有効的に管理して業務の改善・効率化と成果品の品質向上に役立たせるナレッジマネジメントシステムです。より確実にクライアントの要望に応えるための環境が維持されるとともに、社員間のコミュニケーションも自動的に促進されます。この“頭のネットワーク”は、情報の蓄積とともに、日々進化してゆきます。

豊かなコミュニケーションの形成と福利厚生

 福利厚生面では、全社員を対象とした社員旅行が30年以上継続されています。旅行は支社単位で行われ、社員の親睦が図られます。豊かなコミュニケーションの形成は何よりも重要視しています。全社員を対象に毎年5日連続で取得するリフレッシュ休暇制度があり、メリハリをつけた働き方を促すとともに、内外に見聞を広め見識を深める機会として活用されます。軽井沢に保有する研修施設は、研修のみならず、保養所として家族や社員同士でも利用されています。

ワーク・ライフ・バランスと育児支援制度

 少子高齢化により労働人口の減少が見込まれるなか、女性の社会進出がますます重要となっています。当社には、子育てをしながら働くことができ、技術者としてスキルアップできる各種制度が整備されています。
 近年はWLB(ワーク・ライフ・バランス)に対する意識も高まっています。当社では仕事と生活が調和し、働きがいを日常的に感じられる職場環境の創出にも積極的に取り組んでいます。