Design for

Next

Age

東京建設コンサルタント

環境防災部門
ホーム > 事業内容 > 環境防災部門

人間が営むための必要な環境が防災上の致命的な要因を包含している場合があります。一方、災害が環境を壊滅的に破壊することもあります。また、地球温暖化により環境が変化し、自然災害が増大することが予想されています。持続可能な地球環境を維持・創出するうえで、”環境と防災の共存”は永遠のテーマです。

日本ではこれまで風水害や土砂災害、地震・津波災害等、数多くの自然災害に見舞われてきました。これらの災害対策に加えて、今後は地球温暖化に代表される地球環境問題に対応していく必要があります。このためには、地球環境の変化に伴う熱環境の変化、大気や海洋からなる水・物質循環システムの変化を捉えることが第一となります。

この上で、災害予防としての防災・減災施設計画、発生時の応急対策や事前措置・避難計画、災害後の復旧計画からなる災害対策を検討することが肝要です。さらに、環境と防災の調和した豊かな社会を実現を目指す方策を模索する必要があります。
環境防災研究所では、これらの地球環境や人間活動の変化を踏まえて、喫緊の課題として、津波・高潮・洪水などの水災害や土砂災害に備えるための防災技術の開発に取り組んでいきます。

業務分野

関連リーフレット

事業部門一覧