Design for

Next

Age

東京建設コンサルタント

ホーム > CIMへの取り組み

CIMへの取り組み

荻原地区全体築堤モデル(設計段階)

我が社は、これからの維持管理・更新時代に的確に応えていくため、国土交通省が推進するCIM(Construction Information Modeling/Management)※1に対して、積極的に取組んでいます。 そして社外的にもCIM試行業務を通じて『CIM技術検討会』※2に参画し、基準書等の早期整備に向けてお手伝いをしています。 CIMシステムを一早く導入駆使し、実施してきた試行業務をご紹介します。

  1. (国土交通省HPより)「CIM(シム)」とは、計画・調査・設計段階から3次元モデルを導入し、その後の施工、維持管理の各段階においても3次元モデルに連携・発展させ、あわせて事業全体にわたる関係者間で情報を共有することにより、一連の建設生産システムの効率化・高度化を図るものである。
  2. CIM制度検討の中期目標(H24-H28)である『CIM導入ガイドラインの策定』に向けて、実モデル構築を通じた課題抽出、対応検討を行う産学官の検討体制である。

試行業務・関連業務実績

試行業務の紹介ー 荻原地区樋門及び橋梁詳細設計業務 ー

業務名:荻原地区樋門及び橋梁詳細設計業務(平成25年度CIM試行業務)
発注者:北陸地方整備局 千曲川河川事務所

本業務は、一級河川犀川支川松葉沢と支川宮沢川周辺において、排水樋門の詳細設計、 犀川築堤の修正設計、荻原地区堤防嵩上げに伴う箱形管渠詳細設計を実施したものです。

荻原地区全体築堤モデル線形と標準断面から3次元モデルを作成し(左図)、地形モデルや航空写真と合成した(右図)
樋門施工モデル工事の進行に合わせた3次元の仮設計画モデルのアニメーションを作成
樋門構造モデル樋門の断面図を押し出し機能で形状を延長方向に伸ばし作成

千曲川左支川犀川の「荻原地区堤防整備」において、河川構造物の設計段階におけるCIMとしては、全国で初めての取り組みとして、CIMの活用を行いました。

河川事業の中でも主要な事業である築堤工事についてCIMを適用したものであり、堤防本体の他、付帯して整備予定の樋門、 橋梁や支川取付部などについて3次元モデル化し、河川構造物設計において、調査・計画から設計、施工までの流れの中で、 どのような活用場面があるかを検討・検証しました。また、その成果は、国土交通省でCIMについての検討を行っている 「産学官CIM検討会 河川CIM」のなかで、千曲川河川事務所が報告する検討成果の一部として使用され、当社はCIM試行業務を通じ、 本検討会にも参加しています。

試行業務の紹介ー 平成26年度千曲川河川事務所CIM活用検討業 ー

業務名:平成26年度千曲川河川事務所CIM活用検討業務(平成26年度CIM試行業務)
発注者:北陸地方整備局 千曲川河川事務所

本業務は、一級河川犀川の「荻原地区堤防整備」の河川事業において、施工中の現場においてCIMを適用したもので、CIM支援業務受注者として施工者を支援しました。

築堤TS出来形管理モデルイメージ堤防の造成工事に必要なデータを作成
築堤情報化施工実施状況工事の現場で作成したデータのチェック
築堤の施工情報に関する3次元モデルへの属性情報付与(材料証明、品質記録情報)設計条件、使用材料諸元等が確認可能となるよう属性情報として3次元モデルに付与

本業務は、平成25年度に取り組んだ「荻原地区樋門及び橋梁詳細設計業務」のあとをうけ、施工段階におけるCIM活用検討を行ったものです。 当社では実際に堤防整備を受注した施工者のCIMを活用した築堤の施工を支援する立場として、施工段階のCIMの活用に取り組みました。 設計段階と同様に、河川事業における施工段階のCIM試行としては全国で初めての取り組みです。 特に、3次元モデルを活用した情報化施工用データの作成は、国土交通省が打ち出しているi-Constructionにもつながります。 また、築堤モデルへの属性情報の付与など、今後の築堤事業の施工段階におけるCIM活用方法に関する貴重な事例になったものと考えられます。

試行業務の紹介ー 山国川景観検討業務 ー

業 務 名:山国川景観検討業務(平成26年度CIM試行業務) 発 注 者:九州地方整備局 山国川河川事務所

本業務は、山国川の床上対策緊急特別事業区間を対象に、景観に配慮した河川改修に向けた総合的な検討を行ったもので、 景観方針の検討や景観カルテ(全体版)の作成、CIM化の検討、多自然川づくりアドバイザー会議の資料作成・運営等を実施したものです。

現状写真
3Dモデル数値標高データと横断測量図をもとに地形モデルを作成し、航空写真と合成。
3Dコンター図掘削後の地形を標高毎に着色

当該箇所は、岩掘削がメインであり、CIMを活用することで掘削形状に関する比較検討を3次元で効率よく実施することが可能であり、岩掘削土量について、一般的な平均断面法よりも3Dモデルでのメッシュ法で算出した方が精度の向上が見込めるため、CIM化の検討を行いました。

CIM化の検討では、岩掘削地区を対象に3Dモデルを作成して、様々な視点から掘削箇所の見え方を確認して視点場を設定し、各視点場から見て現地形に最も馴染みやすい掘削形状を選定しました。また、作成した3Dモデルを用いて、現況地形と掘削後地形を重ね合わせることで、掘削土量の算出を行いました。