Design for

Next

Age

東京建設コンサルタント

ホーム > 東日本大震災被災への対応~大槌町の復興

東日本大震災被災への対応~大槌町の復興

大槌町の位置

2011年3月11日14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震では、津波により岩手・宮城・福島県の太平洋沿岸部を中心に未曾有の被害を受けました。 当社は、岩手県大槌町の震災復興に携わり、総力をあげて取り組んでいます。

1.大槌町の被災状況

大槌町は岩手県南部、釜石市の北側に位置し、被災前の人口は約16,000人、南に大槌湾、北に船越湾を擁する漁業を中心とした町です。 大槌川と小鎚川に挟まれた町方地区が町の中心で、沿岸部には特徴ある6つの地区があります。

地震直後に発生した津波により沿岸部の6地区は壊滅的な被害を受け、死者・行方不明者あわせて約1,300人が犠牲となり、約4,300世帯の住宅が損壊しました。

被災後の町方地区
(城山から旧町役場方面を望む)
被害が大きかった沿岸6地区

2.復興基本計画及び整備計画の策定

当社は、大槌町の被災状況を踏まえた復興基本計画を作成し、それに基づく整備計画を策定しました。 2011年9月に災害復興基本条例が制定され、それを受けて10月~12月の3ヶ月間で、住民が自由に参加できる地域復興協議会を10地区で計38回開催しました。 地域復興協議会では、建物の被災状況や津波シミュレーションを住民に提示し、防潮堤の高さや復興する市街地の配置と高さなどが協議されました。 方針として、全地区でコンパクトな市街地形成を目指すことになりました。

地域復興協議会の様子

3.復興基本計画の実現に向けて~まちのデザイン

2012年から復興事業の計画が本格的にスタートしました。 復興事業を具体的に進めるとともに、地区のグランドデザインと空間デザインを検討する場として大槌デザイン会議及び地区別ワーキンググループ会議を設置し、住民との意見交換を通じて検討を重ねました。 全体会議と7地区の個別ワーキングを計73回開催し、その成果をデザインノートとしてとりまとめ、地区内で行われる各種事業に反映しました。

事業規模が最も大きい町方土地区画整理事業地区では、道路や公園など主要な公共施設の基本設計段階でワークショップを開催し、デザインノートの考え方や住民の意見を反映したまちづくりが進められています。

デザインノート1
デザインノート2
ワークショップの様子
完成後のイメージが住民に伝わるように
模型やスケッチを作成

4.まちびらき、そして真の復興に向けて

寺野臼澤団地まちびらき

2015年7月4日には、寺野臼澤団地防災集団移転促進事業の先行工区が完成し、2016年3月12日には、 町方地区土地区画整理事業で、松ノ下地区の一部画地の使用収益開始と災害公営住宅竣工にあわせて、まちびらきが催されました。

発災から5年が経過し、徐々に住宅の再建が進みつつありますが、被災前のような賑わいを取り戻すには、まだまだ時間がかかります。 当社は、震災復興に向けて、引き続き大槌町を支援していきます。

ワークショップで議論した町方地区の通称:末広町商店街通り
ワークショップで幅員を見直した町方地区の県道大槌小鎚線
復興基本計画(当初)の理念が結実した
吉里吉里地区土地区画整理事業
住民参加で基本計画を練り上げた
安渡地区公民館・避難ホール